フォトグラファーインタビュー第3弾Shin Matsumura さん


今回のフォトグラファーインタビューでは、東京エリアで不動産撮影を中心に1年以上のミーロ撮影実績のある、

Shin Matsumuraさんにインタビューをさせて頂きました!

Shinさんについて:

アパレル企業のインハウスフォトグラファーとしての経験後、フリーランスへご転向。丁寧で質の高い撮影を心がけいらっしゃり、ミーロ内外問わず幅広くご活躍されています。Shinさんのポートフォリオをご覧いただけます。


Q:松村様がフォトグラファーを志した理由について教えてください。
A : 知人のカメラマンが海外へ行ったり、街に掲示されるような広告の撮影をしているのをみて、すごく 魅力的にみえたことがきっかけになりました。

Q:ミーロはどういう経緯でお知りになりましたか?
A : SNSの広告から知りました。

Q:ミーロフォトグラファーとしてミーロのプラットフォームを使用したときの改善点等ございましたら教えていただけますと幸いです。

プラットフォームへの感想としては、スケジュール管理ソフトとの細やかな連携や、撮影依頼をフォトグラファー側が受信したあとの可否判断の時間的な猶予がもう少しあるとありがたいなと感じることがあります。

Q:ミーロフォトグラファーとしてお仕事をスタートされてから、今までの撮影案件で最も印象的なエピソード、もしくは苦労した経験などはありましたか?
A : 歴史的にも希少性のある建物の撮影が一度あり、当該の案件などはとても印象深いものとなりました。Meeroではフォトグラファーが習熟していない分野の撮影でも、写真品質を保つため一環として分野ごとのルールが定められています。現場では迷いが生じにくくなる一方で、型にはまらない条件下では流動的な対応が求められたり、フォトグラファーのルールへの認識に齟齬が発生しているパターンなどがあり、こういったイレギュラーでの適切な判断などに苦労を感じたことがありました。

Q : 新型コロナ感染拡大を受けて、フォトグラファーとしての活動に起こった変化があれば教えて頂けないでしょうか。
A : 撮影依頼数の減った業界がいくつかあり、活動の仕方をこれまでとは変化させざるを得ない状況になってきています

Q:松村様のフォトグラファーとしての活動にミーロがどうお役立ちできているか教えて頂けないでしょうか。または現在もミーロフォトグラファーとして活動を続けていらっしゃる理由はなんでしょうか。
A : これまであまり携わることのなかった撮影を行うのは、自分にとっても新鮮なことでした。また隙間の時間を利用して依頼を受けられること、ポストプロダクションは全てMeeroに任せているので手離れが良いことなどが、現在も活動を継続している理由になります。

Q:今ミーロへの登録を考えている方に向けたメッセージや、その他コメント・フィードバック等ございましたらお願いいたします。
A : 登録によるデメリットはほぼないように思います。


以上、Shinさんのインタビューでした。

フォトグラファーに関する記事やご登録方法などの詳細はこちらにございますので、併せてご確認くださいませ。

皆様のフォトグラファーのご登録をミーロスタッフ一同、心よりお待ちしております!



過去のフォトグラファー インタビュー

第1回 第2回

コメントを残す